光姫伝説

最上巡礼事始 光姫物語

 最上礼所は、一番若松から始まって、三十三番庭月まで、巡礼の札所は三十三ヶ所ある。それが、いつごろ作られたかは、それぞれの御縁起話にゆずるとして、どうして、この三十三だけが選ばれたのだろうか。多分、建立の歴史が古いということ、観音を祀ってあるからだけではない。それらを結びつける一本の糸がなければならない。その糸が光姫である。
 地図をひろげてみるとき、村山を境界線として、山形市を中心に二十の札所があり残りの十三は、大石田、尾花沢を中心として散在している。昔、現在の最上、村山全域を含めて「最上地方」と呼ばれていたし、正平十一年、斯波兼頼がこの地方に封ぜられて、最上姓を名乗るようになったのも、自然の成りゆきであったろう。聖武天皇の天正十三年というから、約千二百年ほど前、全国の国府毎に、国分寺が設けられていた。本県ではそれが県内の何処かさえ、まだ確実に分かっていない。しかし、人間が数多く集まって集落を形成すれば、そこに市が立ち、寺が造られる。最上川のほとり、大石田附近が、内陸の中心地であったとみるのは、不自然な考え方ではない。それから六百年経った頃、国分寺が山形市に移されたことは、記録に残っているから、続いて、山形市の周辺に寺が建てられていったのではあるまいか。二十の札所が山形市の周りに、十三の札所が大石田の周りに集まっているのは、そんなことが原因しているのであろう。

 輝くように美しい姫ということから、名づけられたのであろう光姫は、斯波兼頼から五代目・頼宗の一人娘といわれる。七歳の春、母を失い、乳母・信夫の手に育てられた。信夫は、根が仏門の出で、姉は成沢村安養寺の尼僧で、安養比丘尼と呼ばれていた。そんな関係で、姫も物心つく頃から仏心が厚く、常に観音経を口にしていたという。天性の美形は、地方の大名たちの噂にのぼり、結婚を望む者も多かったが、頼宗は、京都五条に住む公達を請い受け、姫の婿養子と定めた。名を右衛門佐頼氏といい、二十一歳の器量人であった。この時、姫は十八の秋、まさに好一対の夫婦雛であったと、当時の記録は伝えている。その一方、姫への慕情を断ち切れず、悶々とする者もあった。殊に、最上鮭川の領主・横川大膳国景は、姫との婚礼を切望し、再三にわたって頼宗に申し込んだが拒否されていた。姫の結婚後もその恋を忘れることが出来ず、秘かに、その略奪の機会を狙っていた。
 最初の計画は、翌年の春、頼氏夫妻が平清水の大日如来に参詣する日に実行された。その日は御祭礼で、花見の客で混雑していたが、大膳の一味は、茶店の者や大黒舞などに変装して、これに紛れ込み、姫に接近しようとした。しかし、荒王重虎などの護衛の侍たちのため、その野望も打ち砕かれた。その乱闘で、頼氏は負傷する。
 次の機会は、間もなくやってきた。頼氏の傷の養生に、夫婦が高湯に湯治に出た時である。大膳は、城中の重臣山井弾正、姫の召使・小笹を味方に引き入れ、彼らの手引きによって、高湯からの帰途を襲った。この情報は、早くも安養比丘尼の手に握られていたが、大膳たちは、これを知らずに、かえって逆襲され、大膳はじめ弾正、小笹などの一味は、すべて逮捕されてしまう。岩波の乱闘事件である。この時、阪上兵藤が女装して活躍し、安養比丘尼が大力を発揮した武勇談が、見事に描写されている。
 執権の氏家重政は、殿の頼宗に、その処分を求めたが、頼宗は、大膳は昔からの知人でもあり、その心根が不愍であるからという理由で、命を助けようとした。しかし、重臣たちは、度重なる暴行に対し、同情を寄せる者はなく、遂に打ち首と決定した。頃は卯月の末というから、いまの五月下旬、大膳をはじめ一味の主な者三名は、馬見ヶ崎の河原で処刑となった。
 姫の悲劇は、ここから出発する。
 人間の妄執の恐ろしさは、いまの人にはわからないほど、昔の人は強く感じる。大膳が死刑になった後の姫の心には、その影が大きな形となって、のしかかってきたのだ。深窓に育った姫にとって、その事件は、たいへんなショックだった。古文書によれば、城中に大膳の亡霊が現れ、姫を悩ました、とある。自分の非を棚に上げて、と思っても、その執念は消すことが出来ない。姫が出家しようと決心した動機は、ここにある。
 相談を受けた乳母の信夫が驚いた。いくら思いとどまらせようとしても、姫の決意は動かなかったという。父や夫を捨ててまで、世をのがれ、観世音の霊場を巡礼しようというのである。信夫は、まず姉の安養比丘尼のもとに行くことにした。二人は男に変装すると城をぬけ出した。成沢にたどり着いた時は、夜も明ける頃であった。尼も、何とか止めようとこころみたが、遂に同意せざるを得なかった。それなら、三人で出発すれば心強くもあろうと、旅の支度をすることになる。

 数多い観音霊場のうち、どこからまわりはじめるのか、どういう順序にするのか、については、次のように伝えている。
 秋の日の暮れるのは早い。行方のあてもなく歩いているうち、三人は野宿を覚悟した。ふと、山際に燈火がかすかに見えた。その光をたよりに行くと、八十余りになる翁と姥が住む小屋であったという。これも前世の因縁と、二人の老人は三人を招じ入れて接待するが、三人の話に感動する。老人は、昔は旅の見世物師で、あちらこちらの祭礼に出かけ、霊場のことなら知らぬところはない、といい、彼女たちに、一番若松から三十三番までの道筋を詳しく書いてくれた。
 空腹も満たし、温かい一夜の宿の親切に、旅の疲れから、三人は、何時とはなしに夢路に入ったが、朝、目を覚ましてみれば、小屋はなく、草の中であった。不思議なことに、霊地のことを記入した書き物だけが残っていた。これこそ、観音様のお示しであると、三人は西方を礼拝し、巡礼に旅立つことになる。
 この旅立ちは秋の初旬と思われるが、三十三番庭月に到着する頃は、秋も終わりに近かった。ほぼ、一ヵ月にわたる道中である。その間、姫の心の内では、父を思い、夫を恋うる気持で、涙にむせんだ日々もあったろう。しかし、附き添う二人の尼に励まされ、導かれながらの長旅であったに違いない。城中での騒ぎは想像できる。八方手を尽して、姫と乳母の姿を捜し求めたが、僧形に変わっている上に、行動が転々としていたので、遂に発見できなかったのではあるまいか。
 庭月の境内に立った姫たちは、大願成就の満足な笑顔に包まれていた。さらに、眼下に見える最上川の流れのほとりこそ、亡き横川大膳のかつての領地ではないか。姫は、彼方にかすむ城跡を眺め、ひざまずいて瞑目するのであった。何の因果か、一は城を犠牲にして恋に身を滅ぼし、一は父や夫を捨てて、仏門に帰依する。合掌する姫の胸中に去来する感慨はいかなるものであったろうか。
 一旦、髪をおろした姫は、念願を果たしたものの、城に戻るというわけにはいかない。今後の住み家を山寺と定めた。この宿に、元・頼宗につかえた菊地式部という者が、いまは豪農となり、二十人の男女を召し使う身となっていたが、昔からの顔見知りの安養比丘尼を発見した。これ以来、三人はこの菊地邸に身を寄せることになる。ところが、旅先で気がついたのだが、姫が妊娠していたのである。菊地夫妻の手厚い世話などあり、姫は無事、玉のような男児を産みおとした。これが「若松君」である。観音霊場一番の名をとったものである。本来ならば、最上家の六代を継ぐ身ではあったが、母が尼となっているので、表面に出すことは出来ない。菊地の伜・小太郎の子供として、権三郎という夫婦者に里子に出した。
 姫の行方がわからぬまま、八年の歳月は流れる。この間、頼氏はふとした風邪がもとで亡くなり、世継ぎのない頼宗は、日夜、憂慮の生活を送っていた。
 隠しても漏れるのが世の中で、姫らしき人が、山寺にいるという噂が流れていた。家中の若侍で、執権・氏家刑部の一子、荒王重虎も、これを耳にする。過去、何度もにがい経験を味わったが、万が一と思って、山寺をたずねてみた。里人は、姫の身の上を知りながら、堅く口を閉じるばかりだった。
 重い足を引きずって、空しく帰途についた荒王は、ある茶店で足を止めた。見れば、田舎の百姓伜に似つかわしくない品のある顔立ちの子供がいる。よくよく見れば、姫君に似ているではないか。そこで、権三郎に会って問いただした結果、姫の隠し子、若松君であることが判明する。
 荒王と姫の会遇、その後の城中の出来事、姫の身の上話、さらに荒王が殿・頼宗に吉報の早馬となり、事態は一変する。
 祖父と孫の対面は、まことに劇的であったろう。迎えの乗り物には、姫、若松君、乳母、尼が乗り、行列を組んで山形に向かった。古文書には「追立て弓台傘、立笠、大鳥毛、対の鎗、鋏箱、殿のお馬はさひ月毛、四つ白、月ひたへ、当世時めく長羽織、振り手の衆がお供なり。・・・・・・」と記して、その見事さをのべている。
 この若松君がのちの六代目義春と伝えられている。

 光姫の物語りは、以上で終わっている。いつの時代、何人によって書かれたかは、もちろんわかっていない。相当古い時代から、言い伝えられ、語り継がれてきたことだけは、たしかなことである。三十三観音巡礼は、光姫以前から行なわれたものにしても、庶民の間から自然に発生し、引き継がれてきた、素朴で、熱烈で、崇高な求道の信仰の表現に他ならない。そしてまた、後世も、常に平凡な中にも根強く継承されてゆくものに違いあるまい。

ページトップヘ▲