第十一番 高松 たかまつ

真言宗 高松山 光明院

御本尊 正観世音菩薩 行基菩薩 御作

ご詠歌

たかまつや やしまのほかの なみまでも

しずかなるよに つきはすむなり

朱印
▲朱印

高松は国道十三号線沿い、上山温泉から南へ約1Kmのところにあります。本尊は正観音坐像、行基の作です。

行基が高松の里に小さな庵を作り、しばらくの間住んでいたとき、この像を彫刻して人々に礼拝させたのが始まりで、その後、山の上にお堂を建てて安置した。この観音の霊験が大変あらたかなことが、四十五代聖武天皇の耳に達し、御祈願所に指定されたので、以来、大名から一般の人々に至るまで、参拝者が多かった。時の領主からの信仰もあつく、寺の土地を寄附する人もあり、松平家が上山の藩主となってからは、鎮城護国の霊場として、三十石を寄附した上、例祭には使者を派遣し、祭祀料をお供えして崇敬した。

慶応元年の元旦、山火事のためお堂は火に包まれてしまったが、時の別当、光明法印が猛火の下をかいくぐって、本尊を運び出して事なきを得た。元日の祝い酒に酔って火を出した山守は、悪疫にかかり悶死した。直ぐ再建にかかったが、まだ出来上がらないうちに明治維新となり、観音堂の再建計画も駄目になった。

明治五年になって再建の話がまとまり、さきに本尊を火の中から取り出した光明法印が骨を折り、広い範囲から信者の寄附を集めることが出来た。その年の九月完成し、盛大な落成祭典が行われたが、現在の観音堂はその時のもので、御前仏像も火災の厄を免れた古い彫刻であり、ここは上山十体観音としては、第六番目の霊場となっている。

巡拝ガイド

■住 所 999-3243 上山市高松52
■TEL 023-672-0440
■徒 歩 上の山→葉山→高松→高松 2.5km/35分
■交 通 上の山―[徒歩]―バス停湯町角→高松・葉山温泉(山形交通バス 高松・葉山温泉行 2km/10分/46回)―[徒歩]→高松(0.3km/5分)
■駐車場 国道13号線沿い高松観音参道口に路上駐車(大型・小型共)可
別当納経所にも駐車場有(大型可)
■参 考 東京方面から東北道で福島飯坂より栗子峠、米沢経由ならここ十―番高松がうちはじめ、本坊に納経帖・軸・案内書などが用意されている。

高松観音本堂
▲高松観音本堂

本尊聖観世音菩薩
▲本尊聖観世音菩薩

高松観音和裁講の絵馬
▲高松観音和裁講の絵馬

Googleマップで地図を表示

Googleマップ携帯用バーコード

バーコード

ページトップヘ▲