第五番 唐松 からまつ

曹洞宗 唐松山 護国寺

御本尊 聖観世音菩薩 弘法大師 御作

ご詠歌

みなかみは いづくなるらん からまつの

かぜにおとある やまかわのみづ

朱印
▲朱印

山形と仙台を結ぶ国道286号線沿い、馬見ケ崎川の右岸に五番札所唐松がある。本尊は聖観音、弘法大師の御作と伝えられており、境内は東西が三十七間、南北が二十間である。一条天皇の正歴元年(九九〇)、平清水の郷民森山氏の妻が戦死した夫の冥福を祈るため、唐松山の霊窟に観音像を祀り河岸に草庵を結んだ、これを「江滸尼公庵」と言った。これが寺のはじまりとされている。

その後馬見ケ崎川の上流に住む藤原藤太(炭焼藤太とも称)に京都一条殿の豊丸姫という美女が清水観音のお告げによってはるばる訪れ、奥州宝沢の里に辿りつき藤太の妻となった。その豊丸姫の念持仏の弘法大師作一寸八分金無垢の聖観音像を、藤太が永久元年(1113)唐松山の霊窟に祀ってその前に堂宇を建て拝殿とし衆人と共に崇敬していた。これが唐松の始まりであると伝えられている。

その後人々の信仰を集めるようになってにわかに松宗庵と護国寺の二人が別当と名乗り出て役所に訴訟を起こした。二人共その根拠がなかったのでその職を解かれ改めて裏山の山守頭を務めていた石井奥太夫宗吉を別当職に任じたのである。寛文元年(1661)三月、時の山形城主松平下総守忠弘(清長)は深く唐松に帰依し、居城鬼門の守護仏として鎮城護国の道場に定めて観音堂創建を計り郡奉行市川七郎右衛門、日向六郎兵衛、竹下三郎太夫に命じて建設に当たった。三人は京都清水の観音の舞台を模して総檜材懸崖造りの荘厳な大悲閣を建立したのである。

その後堀田家の再建(1706年)、水野家の大修理(1856年)等代々の城主が修復に心を配って来たが、昭和の代となり御堂は荒廃甚だしくなったので再建の話が持ち上がり、信者よりの浄財をもって昭和五十一年五月に新観音堂の落成を見たのである。

巡拝ガイド

■住 所 〒990-0012 山形市大字釈迦堂7
■TEL 023-629-2405(寺務所) 023-629-2313(別当)
■徒 歩 圓應寺→二口橋際→(馬見ケ崎川に沿って)→釈迦堂→唐松
約4km/1時間20分
■交 通 圓應寺―[徒歩]→バス停圓應寺→旅籠町(山形交通バス山交ビル行 3.3km/5分/40本)―[徒歩]→旅籠町四辻→唐松観音口(宝沢・防原・関沢行き 7.2km/15分/18本)―[徒歩]→唐松(0.2km/3分)
■駐車場 境内近くの観音橋際の駐車場まで大型 小型とも入れる(無料)
■参 考 納経所が売店にもなっており,お手洗など利用して休憩も可。霊場案内書,地図等も頒布している。30名程度なら中食も可。(但し仕出弁当等あっせんしてもらう)

唐松観音堂
▲唐松観音堂

観音堂
▲観音堂

御前仏聖観音菩薩
▲御前仏聖観音菩薩

Googleマップで地図を表示

Googleマップ携帯用バーコード

バーコード

ページトップヘ▲